本文へスキップ

一生使える技術を短期間で習得してみませんか?   FootCareTherapist School

フットケアのこころprofile

フットケアのこころ

ヒトは進化の過程で大地に立ったときから、他の動物と明らかに違う高等動物としての存在が確立しました。
それだけ、立って歩く動作には、人間としての知能を発達させ、高度な身体機能を作り出す働きがありました。


当然、二本の足には、4つ足動物より、体全体の負荷が多く加わります。歩くだけで体重の3倍の重さを受けながら、一生涯、全身の姿勢バランスと健康を足に託して過ごしているのです。


そんなことから、人間の知恵として、古代エジプト文明、インド文明、そして古代中国文明の時代から既に足をケアする方法と技術が開発され、手、足の手入れの大切さを知っていたのです。


以来西洋では、足裏は体全体の反射体といわれ、温浴療法、オイルマッサージ、アロマセラピー、リフレクソロジー、リンパドレナージュとして発展し、今日に至っています。



中国では漢方の処方として下肢及び足裏には全身の経絡が集中しており、そこを刺激することで治療効果があるとしてきました。今、世界各国各地でフットケアの大切さと必要性がわかり、科学的にも、医学的にも、その確かさが証明されてきております。


今日、日本では、超高齢社会やストレス社会の中、足のケアは最も基本的で簡単な健康法として理解されてきています。


また、リラクゼーション効果、ヒーリング効果として、フットケアが普及しつつあります。
さらに大地に立つ足をケアすることは、される人のこころを癒し、する人の感謝の心を養成します。



そして、足裏に大地の波動エネルギーをいただいていることの大切さが分かってきます。


フットケアは心と体を癒すと同時に、人間を育んだ大地に感謝し、地球と共に共存していることの意味を感じとることが、自然と分かってくるのです。


すなわち足裏には宇宙構造や宇宙エネルギーが、そのまま宿っているとも言えるのです。


フットケアセラピスト養成スクール

〒151-0073
東京都渋谷区笹塚2-4-1-1306

E-Mail  こちらをクリック
※施術中・講習会中は電話に出られませんので、初めての方はメールでお願い致します。


ツイッター